HOME>記事一覧>人工歯根が定着するのは骨の治癒能力に頼る

まずはあごの骨に人工歯根を埋める

治療器具

長堀橋で行われるインプラント治療は、歯がない状態をカバーするためのもので、あごの骨に人工の歯を埋め込みます。そのインプラントは土台となる人工歯根と、歯として機能する人工歯冠、そのふたつを繋ぐアパットメントという、3つの部品に分かれています。そして、実際にあごの骨の中に埋め込まれるのは、人工歯根です。インプラント治療ではまず、あごの骨に穴を開けて、そこに人工歯根を埋め込むのが基本です。

位置や体質によって期間が変わる

長堀橋のインプラント治療では、あごの骨に開けた穴に人工歯根を埋め込みますが、そこから先は骨の自己修復能力に頼って、人工歯根が固定されるのを待ちます。その期間はあごの位置で異なり、下あごであれば早くて3ヶ月程度ですが、上あごだと3から6ヶ月程度かかります。そして、人工歯根がしっかり固定されてから、アパットメントと人工歯を取り付けます。複数の工程に分かれている上に、それぞれ待機しなければならない期間があるため、最終的には半年から1年程度の期間がかかると考えておきましょう。また、人によってはあごの骨の厚みが足りないことがありますが、その場合は骨を増やす治療から始めなければなりません。したがって、通常よりも長い期間がかかることは覚えておく必要があります。