HOME>アーカイブ>見た目と噛む機能のどちらも自然な歯に近い

歯がない状態をカバーするために

インプラント

人の歯は、重度の虫歯になったり、事故で根元近くで折れたりしたら、抜かなければならないことがあります。また、年齢を重ねると、自然と歯が抜け落ちることも珍しくありません。インプラント治療は、そのような歯が抜け落ちてなくなってしまった状態をカバーするためのもので、長堀橋の歯科でも受けられます。基本的には歯茎を切開してあごの骨に穴を開け、そこに人工的に作られた歯を埋め込むというものです。歯が抜けてしまった状態をそのまま放置しておくと、日常的な食事で十分な咀嚼ができなくなってしまいます。そして、他の歯に負担がかかり、全体的な歯並びが悪化する恐れもあります。そういった問題を防ぐために、インプラントを使用して歯がない状態をカバーします。

自然な歯に近いから

診療室

長堀橋でインプラントが人気を集めているのは、インプラントの構造が、自然な歯にとても近いからです。インプラントはあごの骨に人工的な歯根を埋め込み、その上から人工歯冠を取り付けるという構造になっています。つまり、自然な歯と同じように、あごの骨から生えているような形です。さらに、人工歯冠の素材は様々で、中には自然な歯に近い透明感のある素材もあります。その素材を選択すると、見た目も咀嚼する機能も、どちらも自然な歯と大差ない状態にできます。そのため、歯が抜ける前と同じような見た目や噛み応えを求める人から、インプラントは人気を集めます。

入れ歯やブリッジよりダメージが少なく快適

治療

歯がない状態をカバーする方法としては、インプラントの他にもブリッジや入れ歯といった選択肢があります。ただ、ブリッジは隣り合っている歯を削らなければならず、その歯の寿命を縮めてしまいます。そして、入れ歯は装着すると違和感が出やすく、使用していると外れてしまうことがあります。そういったデメリットがインプラントにはなく、あごの骨と繋がっているので他の歯に負担は与えず、取れたり違和感が生じたりすることもありません。したがって、長堀橋で入れ歯やブリッジが嫌だという人からも、インプラントは人気を集めます。

内部1テキストリンク1

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-1

内部1テキストリンク2

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-2

内部1テキストリンク3

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-3

内部1テキストリンク4

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-4

内部1テキストリンク5

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-5